生命保険会社の保険契約者保護制度Q&A
 
Q11 保護機構の資金援助額の算出方法は、どのようになっていますか。
 

 保険業法等で規定された資金援助額のイメージ図は次のとおりです。

保護機構の資金援助額= @移転等の際の負債−A移転等の際の資産+B移転等の際に要する費用
ただし @移転等の際の負債は、補償対象契約の責任準備金等×補償率(90%(高予定利率契約についてはQ13に記載した率))
  A移転等の際の資産は、確認財産評価(有形資産+営業権(のれん))

※1 「営業権(のれん)」
   移転等を受ける保険契約や営業網その他のインフラ等について、将来期待し得る収益や財産価値を評価したもので、保険会社が他社の営業の全部又は一部を譲り受ける場合等に、会計上発生します。
   
※2 「移転等の際に要する費用」
   保険契約の移転等に要すると見込まれる費用(保険契約の移転計画の策定に係る費用、移転契約の締結に係る費用、保険契約者等への通知に係る費用等)のうち、保険契約の移転等の円滑な実施のために必要であると機構が認めた額のことです。
 
←前へ 次へ→ Q&Aトップページへ▲
 

Copyright© Life Insurance Policyholders Protection Corporation of Japan. All rights reserved.