生命保険会社の保険契約者保護制度Q&A
 
Q26 生命保険会社が破綻した場合、停止される業務と継続される業務を教えてください。
 

 過去の更生手続の事例においては、保全管理命令から更生計画認可決定まで、次の業務については停止されましたが、具体的な内容は、当該破綻保険会社ごとに確認する必要があります。

停止される業務
 
新たな保険契約の締結、特約の中途付加、保険金額及び給付金額の増額、企業保険の引受割合の増加
保険契約の転換
保険契約の解約受付、保険契約失効時の払戻金の請求受付
保険金額及び給付金額の減額、保険契約の特約の解約受付、企業保険の引受割合の減少
保険契約者貸付
保険契約の払済保険、払済年金保険(団体年金を除く)及び延長定期保険への変更
保険料払込回数の変更
年金支払開始日の変更
保険期間、保険料払込期間の変更
保険・年金の種類変更
年金の一括支払
保険契約者の変更

 ただし、保険料の収納については取扱われます。保険料は、払い続けないと、契約が失効してしまうこともありますので注意が必要です。

 
←前へ 次へ→ Q&Aトップページへ▲
 

Copyright© Life Insurance Policyholders Protection Corporation of Japan. All rights reserved.